メルヘンちっくな 和みじかん

地域で和み
02 /23 2017


遊技場(ゆうぎじょう)って
どんなイメージが湧いてきますか?


調べてみると
「麻雀・パチンコ・卓球・ボウリング・ダンス・その他の遊技をする施設」
だそうです。



ちなみに私は



。。。




この時は、何も浮かんできませんでした。



こちらの『ゆうぎじょう』

ゆうぎじょう

なんとも メルヘンちっくで かわいいでしょ ( *´艸`)




この かわいらしい『ゆうぎじょう』で


保育士 手フリ

綺麗な先生との和みのヨーガ



保育士 のど

実は「こども園」の中にある『ゆうぎじょう』で
園にお勤めの先生方との和みのヨーガでしたヾ(o´∀`o)ノ






゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



話は飛びますが


ウチの子たちの幼少時は
保育園の先生方に
大変お世話になりました。


特に下の息子くんの時は
たくさん助けてもらって
今、思い出しても、ありがたくて泣けてくるほど。


上の娘の時は
私自身が20代前半で 体力もあり
周りに同年代のママ友もたくさんいましたので
嫁姑問題のことや旦那さんの愚痴等も含め
ワーワー言いながらも 育児を楽しむことができました。


下の子の時は
周りの友人達は、すでに子育てが一段落。
40を過ぎて出産をした人が周りにいなくて
カラダは辛く
若いお母さん方ばかりで←(今、振り返れば、そんな風に観えてただけなんですけどね)
勝手に引け目を感じてしまい
誰にも自分の想いを吐き出すことができずにいました。



昔
(十年位前の娘と息子くん)



そんな中で
下の子が保育園に通わせてもらえるようになってから
唯一、素直に安心して、子育てのことを
相談できるようになった人が
保育士さんでした。


その時の保育士さんは
まだ20代前半の娘のような若い保育士さん。

若いけれど
とてもしっかりされていて、頼れたんです。

年齢じゃないんですね~^^




保育士


和みをしながら、ふっと そんなことを想い出し
あの時にお世話になった若い保育士さんに
恩送りをさせてもらえたような気がした和みじかんでした




*harumi先生
このような和みじかんを創ってくださって ありがとうございました (* ´ ▽ ` *)















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

わいわい

2009年に
大阪から滋賀県高島市に移住。
和みのヨーガのインストラクター&
和みのセラピストです。