FC2ブログ

次から次でも大丈夫

学校で和み
11 /12 2016


『 お母さん、明日の授業参観、来るん? 』


「行くよ


『え~ ヽ( ´_`) こんでいいよ 』


あらま。
そんなお年頃になったのね~
もう行かなくていいんや~
と喜びつつ

行きました


2016 11 7 工作2
(教室にあった子どもたちの個性豊かな作品)


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


「お母さん、明日の音楽会、来るん?」


「行くよん


『 来んでいいよ 』


2016 11 9 音楽会

そんな言葉は全く気にせず
私が行きたいから

行きました


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


『 お母さん、今度のマラソン大会、来るん? 』









まあ~
次から次と続いていく学校行事。
私たち親は、見るだけやし
行くも行かないも
選ぶことができますが

子どもたちは もちろんのこと
その行事に向けて
準備をされる先生が一番大変ちゃうんかな~と。

2016 11 10 小学校

子どもたちが帰った後は
毎晩、遅くまで
次の日の授業の準備や諸々の資料作り。。。


日々、お疲れ気味の先生方に
ほんのちょっとでも
からだが楽になる時間を ♡

ということで
伺って参りました~(*⌒▽⌒*)


2016 11 10 先生と和み1


その地域の小中学校の先生が
20名ほど、参加してくださるとのこと。

2016 11 10 先生 ソロワーク

でしたが

実際はその半分。

やはり、お忙しいようで。。

予定より少し遅れての開始時間。

スタートして随分経ってから

申し訳なさそうに

そう~と来てくださる先生がいたり

和み中

いい感じでゆるんできたな~

という時に

教室に備え付けの電話が鳴り響き

慌てて 職員室に戻られる先生もいらっしゃいました。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


話は飛びますが
ウチの息子くんが1年生の時に
ノロウイルスに感染し
教室で嘔吐したことがありました。

担当の先生は
すぐ様、周りにいた子供たちを廊下に誘導され
他の先生方と
嘔吐したものを処理してくださいました。


その時の学校の給食メニューが

『カレーライス』

息子くんによると
とっても 美味しかったらしく
普段、小食で
滅多にしない おかわりを
その日に限って、しちゃったそう^^;


出したものは半端なかったと思いますm( _ _ )m


そのことをきっかけに
給食が恐怖になり、登校拒否気味に・・


登校できた日は
先生は必ず、その日の給食時の様子を
連絡ノートに書いてくださっていました。

その後、2年間
色々と紆余曲折ありましたが

トラウマになりはしないかと
心配してくださっていた先生のケアのお陰で
すっかり、給食が大好きになり
今ではカレーもまた喜んで食べれるようになりました。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私が普段、見るわが子は一人のみ。

でも、先生は毎日のように
たくさんの子供たちの様子を見てくださっている。

仕事とはいえ

毎日、子どもたちにどうやったら、わかりやすく伝わるか
日々努力をされ 授業をし
そして、一緒に給食を食べて 共に過ごしてくださっている。

ありがたいなあ~と心底思います。

いつも 子どもたちの為に
がんばってくださってる先生だからこそ

たまには
子どもたちに背中を触ってもらったり→☆☆


子供たち同志の触れ合いとして和みを使っていただいたり

5分ずつでも
先生同志で手当てしあいっこできる和み時間を

2016 11 10 先生 2人 ペアーワーク1

創ってもらえたら♪

2016 11 10 先生ペアーワーク

何よりも 先生ご自身が
寝る前にほんのちょこっとでも
ご自分のカラダを
手当てしていただけると


和み 本

一日の疲れも寝ている間にちゃんと取れるカラダになられて

また、次から次に続く学校行事も

元気な子どもたちと共に

楽しんでいただけるのでは

ないかな~と^^


もしも、もしも
ちょっとでも、そうやね~と
感じてくださる先生がおられましたら
(その前にこのブログを見てくださる貴重な先生がいらっしゃるのか?

子どもたちの作品のような

個性豊かな和みのインストラクターが
日本全国のアチコチに
200名も潜伏していますので(笑)

ぜひ、見つけ出して (*⌒▽⌒*)

ご縁してくださいませ→☆☆




2016 11 7 工作




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

YY

2009年に
大阪から滋賀県高島市に移住。
和みのヨーガのインストラクター&
和みのセラピストです。