あわあわあわ

ことだま
11 /17 2012
四国の徳島県は母の故郷。

私が小さな頃はお盆になると家族で帰省。

当時は明石海峡大橋や大鳴門橋はまだなく

明石港からフェリーで淡路島まで

淡路島からまたフェリーに乗って四国へ

船から見る鳴門の渦潮はド迫力。

船が渦潮に引っ張られて

年の離れた妹が海に落ちるのではないかと

いつも妹の手をギュっと握りしめながら恐怖におののいていました。

なので、ずっと
「鳴門の渦潮」=怖いというイメージ


琵琶湖博物館でびわ湖には環流というゆっくりとした
渦があると知り、何故かワクワク。

参考記事→Lake Biwa
        琵琶湖の水理現象


びわ湖と淡路島の形が似てることは有名なお話。
(私は今年の夏頃知りましたが

びわ湖を180度回転すると淡路島の形。

どこぞに隕石が落ちて、その反動でびわ湖の土地が飛んで淡路島になった。

・・なんて神話も。

淡路島が凸で、びわ湖が凹

そういえば鳴門の渦潮の迫力ある渦は男性的に見える。

びわ湖の環流は穏やかな渦で女性的。

滋賀県で育った方たちはびわ湖をMather Lakeとして
自分たちを育ててくれた母のように特別な想いがあるようです。


淡路島の「あわ」

徳島の阿波「あわ」

滋賀は「淡海」と書いて「おうみ」や「あわ」とも読む。


ことだまの山下弘司先生に

日本語は「あ(希望)」で始まり、「わ(歓声の音)」喜びで終わると教えて頂きました。

神道の考え方に中(むすび)という考え方があります。
「陰」と「陽」がむすびあったものを中(むすび)と表現しました。
中(むすび)とは和とも言えます。

あれかこれかの二者択一ではなく、あれもこれもと受け入れる「和」の働きです。

そして、「わ」とは「輪」「環」のリングを表すと。
閉じた輪ではなく螺旋状に展開していく働き。
循環して回っていきながらどんどん成長していくのを教えてくれているのが「わ」


びわ湖はいろんな川から流れ込んでくる水の流れを静かに受け入れ
環流という優しい渦を作り、ゆっくり循環し成長させ、そして流していく。

まさにお母さんの子宮の中で胎児が育っていくよう。

全国で滋賀県の位置は東北?と間違われるほど地味~な目立たない県。
大阪人でも滋賀と言うと「遠っっ!!」と言われます(私もそう思ってた^^;)
神戸や奈良に行くのと変わらないのに・・

でも、目立たない地味~な滋賀県「淡海(あわ)」のびわ湖から
もしかして、たくさんの「わ」が淡路島の方向に向かって生まれてるのかもしれません


地球儀
↑琵琶湖博物館にあった巨大地球儀


スポンサーサイト

好きな数とことだま

ことだま
02 /01 2012
大体の方は自分の好きな数字があるのではないでしょうか(特に女性は

私の母は「9」が嫌いと私が小さい頃から言ってました。

でも、私は大好き

理由は簡単。誕生日の中にある数字。

この人、好きやな~と思うとその人の中にある「9」を探そうとします。

はい。変な奴です(笑)

例えば、師匠のガンダーリ先生は私と9歳違います。先生の誕生日に「9」もあります。

それがわかった時の喜びようといったら

はい。変な奴です(笑)


昨日は滋賀県のもう一人の和みのインストである、のりちゃんと久しぶりにゆっくりお話。

初めて会ったのは昨年、残暑が厳しい9月上旬。

なのに、会ったその日は前日の台風一過のお陰で爽やかな風が吹いた青空の綺麗な日でした。

そして、昨日は冬将軍が一休みしてくれたのか積もってた雪に太陽の光がキラキラ。

これまた青空が綺麗な日でした。

この前、わの舞を踊りに高島に来てくれた時も帰りに虹が出てたとのこと。

のりちゃんと会う日はお天気に恵まれるようです。

そして、のりちゃんとの中にある「9」は?

会話の途中で聞いてみました。

あった。あった。

まず、9歳違い。誕生日は27日やった。でも足したら「9」やん←無理やり(笑)



以前、ことだまの山下弘司先生に教わったことで日本語はあ行、か行とありますが

「あ」~「わ」までの行が全部で10行。

行を山にすると山が10こ。

だから、日本は「やまと」の国と言います

と聞いた時にものすごく嬉しくなって、日本語の奥深さを学べることに感動

そして、もうひとつ。

今は「ら行」の時代だとお話してくれました←理由があるけど省きますね

ら行音は回転というチカラがあり
回転は変革・清算・改善・加速の働きがあるそうです。

調和、平和の喜びの時代「わ」の時代を迎える前に
清算、改善する時代が「ら行の時代」なんですと山下先生

ことだまで時代を読み解くことができるなんて・・スゴ~い

*わの舞の千賀先生も日本語の音を解明されてる本を1998年に出されてます→「最後のムー大陸日本」


名前のことだまは基本は名字は見ません。

でも、特例で「ら行」の時代では「ら行」のことだまがある名字も音のチカラが働くと見ていて

名字と名前両方に「ら行音」のある人は

特に周りの意識を変革する使命・役割が強いとのこと(例:きむら まり)


まさにのりちゃんの氏名の中にも2つの「ら行音」がありました。

私が勝手に思いついたことで行を数に転換してみると
あ行は「1」で、か行は「2」
じゃ、ら行は「9」
ここでも「9」あるやん

・・・はい。やっぱり変な奴です。


「9」をたくさん持っていたのりちゃんと次に会うのは
2月19日に千賀先生と一緒に踊る萩の浜でのわの舞。

また、「9」あるや~ん

きっとその日も初めて会った日の台風一過のような綺麗な青空になる・・・でしょう

たぶん(笑)



使命・役割

ことだま
10 /12 2011
ことだま初級講座、無事終了~

1回目よりも、より日本語の音の深さを学べました。

例えば、「と」
土台、十(最後)、成就するなど「と」のことだまを持つ人はアンカ―の使命、役割があります。

・・ってな感じで、前回は終わりだったんですが、今回はもっと深く…

土地の持つ力(と)
日本人は土地、大地は私たちに大いなる恵みを与えるものと考え、土地を守っている神様がいると考えました。

宮崎駿監督の「となりのトトロ」のトトロはことだまから読み解くと土地の神様を表しています。と。


聞いていて、も~、キャ~
(≧▽≦)でした。

わの舞は大地の上で裸足になって踊ります。
大地からのエネルギーを感じ、地球からの恵みを頂きながら…そして、踊りを通して、宇宙に感謝の想いを捧げます。
土地の精霊と共に喜びながら


わの舞の千賀先生とことだまの山下先生。
お話されてることが繋がることばかりで、大興奮
息が出来なくなるほどドキドキ


日本語の50音は「あ」で始まり、最後が「わ」で終わる(「ん」は「わ」に含まれる)

今は「ら行の時代」(変革、改善の時代)
もうすぐ「わ」喜び(歓声の音)の時代が来ると。
それもこの日本から…
千賀先生の「ガイアの法則」のまんま。
もちろん、ことだまの山下先生は「ガイアの法則」はご存知ありません(宣伝してきたけど)

一つ一つがガンダーリ先生、千賀先生の教えに全てが繋がり過ぎて、興奮のあまり呼吸困難状態


今年の6月以降、一挙に学ぶことが増え、経済的にも時間的にも厳しく、
その上、家族の協力が絶対必要で…
ここまでして、学んでいいものか、自問自答してました。

でも、今日のことだまの講座で答えが出ました。
「和み」も「わの舞」も「ことだま」も自分も喜べて、周りの方にも喜んでもらえる。

その学びが「今」必要であると。

そして、学んだことは皆さんに、もったいつけずに(笑)全部、お伝えする。

それが私の氏名の使命、役割。

だから、ちょっとしんどいこともあるけど土台作りの為、「今」をちょっと頑張ろう。

和みでゆるみながら…



わいわい

2009年に
大阪から滋賀県高島市に移住。
和みのヨーガのインストラクター&
和みのセラピストです。